ジコサポ ジコサポ ジコサポとは? ジコサポ マスコミ紹介 ジコサポ 支援者たち ジコサポ ジコサポ 交通事故について ジコサポ 労災について ジコサポ
ジコサポ
ダウンロード ダウンロード ダウンロード 流れ ダウンロード ダウンロード ダウンロード ダウンロード 求人
事務局にて無料相談受付中です。
どんな些細なことでも
お気軽にご相談ください。
本部〒432-8051
静岡県浜松市南区若林町858-6
NPO法人ジコサポ日本
メール配信中

加害者・加害者の家族の方


交通事故サポート会から加害者の方へ
交通事故は自分の不注意で発生してしまったり、想定外の事で発生して
しまいます。
もし自分が加害者になってしまった場合、交通事故発生時の対応だけで
はなく、その後の対応や処理によって小さな交通事故が、大げさな事故
に変わってしまうかもしれません。
加害者の方は特に適切な対応が必要です。
被害者の方に誠意をもってご対応しましょう。

もし交通事故の加害者になってしまったら
まず初めに、交通事故の加害者になってしまった場合絶対にやってはい
けない事があります。

①絶対にやってはいけないこと
その場での示談・約束・念書を書くなどの行為は絶対にやらな
いでください。
道路交通法 第72条第1項に記載されています。
警察に連絡をしない場合、あなたは法律違反となります。



事故発生後の適切な流れ

事故発生後、以下の流れにそっておこないましょう。
事故により気が動転してしまったり、パニックを起こしてしまう
場合がありますが、被害に合われた方を第一に考え、被害者の為
に誠実な対応をしましょう。

①負傷者(被害者)の方を救護しましょう
第一に人命救助です。
被害者や同乗者の方が、負傷されていないか確認をし、負傷して
いる場合には、即座に119番救急車両を呼びましょう。
緊急性がある場合には、蘇生処置も必要です。

②警察へ連絡をしましょう
「軽い事故だったし、相手も痛みがない様だし…」と思って連絡
しない場合、法律違反であると共に、お互いの利益にもつながり
ません。
交通事故を起こしたら警察に必ず通報しましょう。

③保険会社へ連絡をしましょう
ご自身が加入している自動車保険の保険会社、またはその代理店
に電話して下さい。
110番のあと必ず保険会社さんにお電話して下さい。
仮にパニックになったとしてもここで保険会社さんが指示をして
くれますので、ここまで無事にこなせればこの後のことは覚える
必要はないのかもしれません。

④現場の証拠保存をしましょう
警察が来るまでの間、事故の状況を保存しておきましょう。
そのままでは交通の妨げになる場合、車輌等を移動させる前に写
真で証拠を残しましょう。
※保存する写真は、携帯電話やスマートフォンのカメラでも十分
です。

⑤相手(被害者)の確認をしましょう
相手の車のナンバーや運転者の免許証、車検証、保険証、強制保
険の保険会社、任意保険の保険会社等の確認をしましょう。

⑥記録を残しましょう
交通事故の際の記憶はあいまいになりがちです。
知り得た情報やご自身や相手の行動は、必ずメモにして残しまし
ょう。
場合によっては、現場を目撃した方にも事故の状況を確認し、目
撃者のお名前・住所・電話番号等を確認しておきましょう。

⑦保険会社任せではなく、あなた自身も対応しましょう
良くありがちな話ですが、事故の加害者になった場合、すべてを
保険会社に任せてしまうケースが多くみられます。
保険会社にすべてを任せてしまいますと、被害者側には加害者の
誠意が一切伝わりません。
簡単に言えばお金で解決といったイメージになってしまいます。
これでは被害者は納得ができませんよね!
ですから、交通事故を起こしてしまった際には、保険会社にすべ
てを任せるのではなく、あなた自身も被害者のもとへ足を運び誠
意をもってお詫びすることをおこなってください。
あなたの誠意が伝わればきっと示談もスムーズに行われます。



交通事故を起こしてしまった加害者の問題と悩み

交通事故の加害者になってしまうと様々な問題や悩みが発生します。
例えば、「被害者が負傷してしまった場合」の問題。
被害者が交通事故により負傷してしまった場合、今後の被害者への
対応が重要となります。
被害者の体に後遺症が残ってしまっている場合などどうするべきか
など難しい問題が沢山あります。

そんな悩みや問題をわかりやすく以下ページにまとめてみました。


■ 被害者がケガをしてしまい、後遺症が残ってしまったら?
■ 事故後、数日後に被害者がケガの痛みを訴えてきたら?
■ 保険はどこまで適用されるの?
■ 保険会社の対応はどこまでしてくれるの?
■ 加害者でも保険が使えるの?
■ 加害者側の治療費は?