ジコサポ ジコサポ ジコサポとは? ジコサポ マスコミ紹介 ジコサポ 支援者たち ジコサポ ジコサポ 交通事故について ジコサポ 労災について ジコサポ
ジコサポ

従業員の方へ


「労災」を使ってはいけないのでは、と思い込んでいませんか?
労災というと、大事故を思い浮かべるかもしれませんが、出張中や社外業務中での小さなケガも対象となり、健康保険よりも有利です。
労災を使ったからといって会社側にとって「損」ではありません。
労災のことを本当に詳しく知っていますか?
知らないで「使ったら損」と思い込んでいませんか?
労災を使ったときの会社側のデメリットも上げてみますね。
誤解その① 会社に許可をもらえるのか?
誤解その② 会社の保険料がUpするのでは?
誤解その③ 会社のイメージが悪くなる

・労災を使って医療機関に行って治療を受けるのに会社の許可はいりません。


① 労働者が100人以上、もしくは
② 労働者が20人以上で、「(労災保険料率-0.9/1000)×労働者数」の値が「0.4」以上
つまり、①②より小さい会社は、事故が多くても少なくても保険料が変わらないということになります。
設立後4年間は どんなに大規模な事業所の場合でも、労災保険のUpは無いです。

労災を使ったら「イメージが悪くなる」と思われる経営者さんがいますが、日本の事業所の99%は 中小企業です。
しかも皆が皆 肉体労働の会社ではありません。
デスクワークや営業等が 主な普通に仕事をしているだけの中小企業で、たまたま労災を使うようなことがあって、何のイメージが悪くなるのでしょうか?
誰もそんなこと知りませんし、保険料率も上がる可能性は低いです。
・ 通勤災害(交通事故)でどれだけ労災保険を使っても、労災保険率がアップしたりはしません。
労災保険を使わなかったことによるデメリットの方が確実に大きいです。
労災保険を使わなかったことによるデメリット
1、 社員が「労災隠し」をしたことにより、やる気をなくす。
2、 「労災隠し」が発覚したときに、労働基準局に洗いざらい全て調べられる

ここまででよく分かったと思いますが、労災を使ったからといって「損」ではありません。
それは思いこみです。
積極的に国で勧めている「労災」です。
積極的に活用していって下さい。
労災には専門の知識と 専門家のアドバイスと相談が必要になってきます。
労災にあったらどうするかということを想定して生活している方はいません。
それなので何が分からないのか分からずに対応されている方がたくさん見受けられます。
また 体を傷めて、痛みが残ってもそれも困ると思います。
一人で悩んで、それをうやむやにしても 痛みはなくなりません。
そのために立ち上がった NPO法人交通事故サポート会です。
労災に関することなら何でも お気軽にご相談下さい。
無料相談随時承っております。