ジコサポ ジコサポ ジコサポとは? ジコサポ マスコミ紹介 ジコサポ 支援者たち ジコサポ ジコサポ 交通事故について ジコサポ 労災について ジコサポ
ジコサポ
ダウンロード ダウンロード ダウンロード 流れ ダウンロード 交通事故専門士の記録 ジコサポ大使 道路清掃活動の記録 こどもハロウィン ダウンロード 求人
事務局にて無料相談受付中です。
どんな些細なことでも
お気軽にご相談ください。
本部〒432-8051
静岡県浜松市南区若林町858-6
NPO法人ジコサポ日本
メール配信中

81~100/全130件 5/7ページ


30代 男性 会社員

【具体的事故内容】
追突事故(頸椎捻挫)

【無料相談、交通事故専門士の対応、説明はいかがでしたか?】
親切な対応で分かりやすく良かったです。

【感想】
交通事故での首の痛みは初めてで
どのような治療を受ければ良いのか分からずにいた。
ジコサポに電話をしたら
すぐに対応(治療院の紹介・説明)をして頂き
しっかり治療ができて本当に良かったです。
知り合いで事故に合った人がいたら薦めたいと思います。

10代 女性 学生






【具体的事故内容】
車で信号待ち中、後方からぶつけられた

【無料相談、交通事故専門士の対応、説明はいかがでしたか?】
分からないことだらけでしたので
こちらに相談して
親切に一から教えていただけて
とても分かりやすかったです。

初めてだったので分からないことも
教えていただけて安心できました。
こちらに相談して良かったです。

50代 女性 主婦 静岡県
車は止まっていて回避不可能なので追突されて、当然過失割合は 10対0でした。

  知らなかったのですが自分の保険会社は過失0では動かないのですね。

という事は全ての交渉を 自分自身でしなければならないということ。

相手は 交渉を仕事としたプロですし、考えただけで不安になりました。

NPOジコサポのことを知人から聞き、


治療や賠償の事全て細かく親切に教えてくださいました。   

  こういう機関や活動、すごいですね。

相談できなかったら、


納得のいく状態にはならなかったと思います。

50代 女性 主婦 岐阜県
交通事故にあったそのときは そうでもなかったので人身事故扱いにはしなかったけど、次の日朝起きたら首が痛くなり 頭が痛くなってきたけど どうしたらいいですかという相談をしました。

すると「よくあることです。」との回答でした。  

私の回りにも 天気が悪かったり 寒かったりすると 首が痛かったり頭が痛くなる方がいます。

結局まともに治療を受けていなかったからだそうです。

 「後で後悔しないよう 交通事故にあったら 交通事故専門の治療を受けて下さい。 」

このことは、当たり前のことということに気づきました。


   痛いのに治療しないなんて不自然ですね。


60歳代 男性 無職 長野県
交差点でついうっかり信号無視をしてしまい過失割合が10;0で一方的な加害者となりました。

そして、体はむちうちの症状が出てきました。

10;0ということもあり相手の自賠責も使用できず、困っていた 。

   NPOジコサポに相談して、
一方的な加害者でも自身の保険内容にもよりますが人身障害保険で治療と賠償を受けられることが可能だということ身も心もほっとしました。


保険会社に聞いてもあまりよく分からなかったので。。。    

  

30代 主婦 学生 愛知県
夫婦で交通事故に合いNPOジコサポに相談しました。。

旦那は左半身のしびれ、私はは頚・肩のむち打ちの症状が出ました。

  私たちは市内の治療院を何カ所も通い、どの治療院でも良くならなくてNPOジコサポに相談しました。
 

交通事故は、本当に予期せぬ瞬間、身体に前後左右に大きな衝撃が加わり一瞬で全く理解できませんでした。
 

  交通事故のむち打ちは周りにもなかなか理解されず 

  治療内容が思い描いているものでなく、

困っていた時に相談にのって頂きまず、心が晴れました。  

愛知県内のジコサポの治療院を紹介してもらいました。   

  賠償や事務手続きの事ももちろんですが一番大切のことはやはり体。

    心から感謝致します。

20代 女性 フリーター 長野県

去年の10月上旬、仕事帰りで夕方の帰宅ラッシュに自動車で帰宅中、五台もの玉突き事故に巻き込まれてしまいました。

四台目で停車中、後ろからいきなり前方不注意の自動車に追突され、私はその衝撃で前の車に追突してしまいました。

私は停車中でしたので、10:0で完全に被害者でした。

自賠責で4ヶ月治療しました。

その後、転職をされたことがきっかけで治療になかなか行くことができなくなり、そんな時、むち打ちの症状がまた出始めたのです。

治療をしない期間がいつの間にか3ヶ月たってしまい、どうしたらいいかとても悩んでしまいました。

むち打ちの症状は数ヶ月や数年という単位で現われる事はよくあるそうです。

私の要望に答えられる情報の案内と手配をしてもらいました。 


30代 男性 会社員 静岡県
休日に自転車で左端を走行中、突然正面からの自動車に正面衝突された。

事故後すぐに救急車で運ばれ、3週間の入院を経て、退院。

 しかし、まだ仕事が出来る状態ではなかった。

休業補償は1カ月ということで、その後の保障は認められずとても困った。

 NPO交通事故サポート会の、行政書士の植嶋先生のサポートで休業補償も可能になりました。

 治療面でも、通院中の病院は主に検査を中心に通い、更にNPO交通事故サポート会提携のジコサポ保険整骨院でもリハビリで通ってもらう手配もしてもらいました。

体もかなり良くなり仕事に復活できるまでにいたりました。

 誠心誠意の対応で感謝します!

30代 男性 会社員 岐阜県
仕事で移動中、同僚との交通事故でした。

信号待ちで停車中でした。

すると後方から同僚の自動車が前方不注意で追突してきた。

本来だと加害者の保険で治療・賠償が受けられるはずですが会社の車で、保険が同じですし、同僚(知人)との交通事故ということもあって、保険屋は対応してくれないとのことでかなり悩んでいた。

 結果、僕のメリットのある形で、自賠責で治療・賠償が受けられる形にして頂きました!!

本当に感謝しています。

40代 男性 会社員 愛知県
僕と奥さんと、息子二人の四人で買い物に出かけていた時に 僕が所有する車を奥さんが運転して、交通事故を起こした。

僕はパニック状態になって、 興奮状態でジコサポに電話をした。

自賠責では僕とその自動車の持ち主は保障されないので 僕と奥さんのけがは保障されません。

息子二人と相手の被害者へは自賠責保険で治療・賠償が受けられるということで、僕と奥さんは任意保険で治療・賠償を受けることが出来ると知った。

 実際、交通事故が起きないと 保険の種類や適応条件も不明なことは多いと感じた。

知らないということで、むやみに不安になる部分もあるかと思った。

30代 女性 主婦 埼玉県
朝八時ごろ息子さんを保育園に送迎中、 十字路で一時停止無視の車に 衝突交通事故をおこした。

加害者は考え事をしていたとのことで 一時停止無視をしてしまったそうです。

過失割合は(相談者)9:1(加害者)でした。

被害者の過失割合が7割未満までは、 治療費は全額、相手の自賠責保険で保障されるそうです。

私は腰痛、息子さんは首の痛みと頭痛を訴えていて 精神的にも費用の面でも安心しました。

20代 女性 フリーター 大阪府
久しぶりの休日で休みを満喫していた時です。

 交差点で右折したところ対向車が信号無視で直進し、 衝突し交通事故をおこした。

整形外科で外傷性頸部症候群と診断された。

なかなか仕事が休めない、忙しい、治療に行く暇がない、 交通事故についての賠償のことが何がわからないかもよくわからないとのことで かなり気に病んでいた。 

  今日は治療院、今日は交通事故の法律専門家など 行くべき所やるべき事が更に増えてしまったら仕事もあるし、 生活はますます大変なことになると思い、考えただけで疲れてしまった。
 

そんな人のお力になりたいとNPO法人 交通事故と労災をサポートする会は 治療・賠償全てにお応えできる環境を整え設立したそうで、ありがたいと心から思いました。

今後も応援・紹介していきたいです。

助かりました。

40代 男性 会社員 静岡県
夕方会社帰りで帰宅途中、渋滞にはまってしまった。

 そんな中、停車中の自分の車に後方から初心者の運転する車に 追突された。

 停車中でしたのでこの交通事故の過失割合は10対0。

加害者が初心者ということと、人生で初めての交通事故ということもあり、不安と心配で冷静ではいられなかった。

交通事故が起きた当初は、体の痛みは特に感じなかったが次の日、 首や背中が痛みだし、首の痛みを感じはじめた。

不安、心配の大きな原因は、交通事故の知識が少ないことからくるもの、 そして自分の体の状態の情報が少ないことからくるもの、この二つだった。

 原因を解決していけば、必ず不安や心配は少なくなる!

 原因を解決するためには 交通事故のあらゆる治療や賠償の知識や情報を得ることだとNPOジコサポから教えてもらった!

40代 男性 自営業 静岡県
夕方会社帰りで帰宅途中、渋滞にはまってしまった。

 そんな中、停車中の後方から初心者の運転する車に 追突され交通事故が起きてしまった。

 停車中でしたのでこの交通事故の過失割合は10対0でした。

加害者が初心者ということと、人生で初めての交通事故ということもあり、 不安と心配で冷静ではいられない、そんな状態でした。

交通事故が起きた当初は、体の痛みは特に感じなかったそうですが次の日、 首や背中が痛みだし、首も痛くなってきました。

NPOジコサポに相談して不安、心配の大きな原因は、交通事故の知識が少ないことからくるもの、 そして自身の体の状態の情報が少ないことからくるもの、この二つ知りました。

 原因を解決していけば、必ず不安や心配は少なくなるのですね!

 原因を解決するためには 交通事故のあらゆる治療や賠償の知識や情報を得ることでした!



30代 女性 会社員 愛知県
会社帰りに交通事故による治療を受けて車で帰りました。

その途中、なんとも偶然にも同じような場所で追突による交通事故に 合ってしまったのです。

  私はすぐにNPO法人 交通事故と労災をサポートする会に電話をし、 またスムーズに冷静に交通事故の手続きを進めることが出来ました。

一度、NPO法人 交通事故と労災をサポートする会を利用しスムーズに 手続きが進んでいるので私はまた、 知識があることで冷静に進められた。

交通事故に関する治療・賠償の知識があれば 納得のいく休業保障や慰謝料治療が可能なのですね!

30代 男性 会社員 静岡県の方
仕事中、車で事務所に帰る途中のことです。

4台の玉突き交通事故に巻き込まれてしまいました。

一番先頭にいた。

過失割合は10:0でした。

症状としては首の痛みと頭痛でした。 

  初めての交通事故で何をどうしていいのか、 何がわからないのかもわからない状態だった。

そんな中、僕の同僚がNPO法人 交通事故と労災をサポートする会と 提携しているおぐすバランス整骨院に通院していました。 

  僕の会社の事務所にNPO法人 交通事故と労災をサポートする会の パンフレットが置いてあり、僕の同僚が僕に NPO法人 交通事故と労災をサポートする会を紹介してくれた。

   僕はすぐにNPO法人 交通事故と労災をサポートする会に電話をし、 処理がスムーズに進んだ。

   僕も僕の同僚も、僕の会社側も治療と賠償の両面で サポート可能ということでかなり安心でした。
  
体の治療や賠償、お車の処理など何といってもスピードが大切なんですね。

   僕の会社の方が一番肩を撫で下ろした様子でした。

パンフレット一枚ですが僕たちのの役にたってくれました! 


40代 女性 主婦 大阪府の方
夕方、会社から帰宅途中、渋滞にはまってしまいました。

渋滞の停車中、突然後ろから追突されてしまった。

前方に押し出され、2回バウンドしたような感じを受け、 しびれとむち打ち、恐怖で動けなくなり救急車で運ばれた。 

 市内の病院で二カ月程治療を続けていましたが全身がだるかったり、 なかなか良くならず、どうしたらいいのか分からないということで NPO法人 交通事故と労災をサポートする会に相談をした。

「治療は良くならなかったり、治療内容に納得がいかない時、 我慢して通い続けることが正しいとは限りません。

病院を選ぶのは自由です。   今の病院に配慮や同情は必要ありません。」

  その言葉に不安が取れました。

20代 男性 自営業 愛知県
勤務中での交通事故でした。

会社の軽自動車で外回りをしていたところ、 赤信号になったので僕は止まろうと徐行をしていました。

すると、後方の自動車が前方不注意で追突してきたのです。

 僕は徐行していたということもあって、強い衝撃ではなく、 骨にも異常はなく首の痛みというところでした。

仕事にも復帰でき、そんな中、問題が起こったのです。

最初から通っている病院に仕事終了後通うには不便だったのです。

勤務地と自宅と病院が真逆の位置にあるということと、 仕事終了後に病院に向かうと診療時間に間に合わなかったのです。

また、飲み薬を出されるのですが、 別の薬も飲んでいるので飲みたくなかったです。

これでは治療がスムーズに進みません。

満足のいく治療を受けられず、 このまま仕事をしていくのも不安になってくるということでした。

NPO法人 交通事故と労災をサポートする会で、 納得のいく治療が受けれる治療院を教えてくれました。

30代 男性 会社員 静岡県の方
友人と食事に行こうと一人で運転していたところ、 渋滞にはまってしまいました。

渋滞で停車中、突然後ろから追突されてしまいました。

3台の玉突きの交通事故でした。

僕は3台の真ん中の位置にいました。

頭痛や頸の痛みがでました。

警察と友人にすぐに連絡をし、冷静ではないながらも 何とか処理や行動をしました。

友人は実はNPO法人 交通事故と労災をサポートする会のスタッフと 知り合いということで、
親切な友人は すぐにNPO法人 交通事故と労災をサポートする会のスタッフに連絡をとり、
すぐに治療の手配、書類の手続きもスムーズに進めることができました。

10代 女性 学生 静岡県の方
夏休み友達と川に遊びに行きました。

その帰り際、同じように川で遊んで帰った人達の車が 後ろから追突してきたのです。

加害者は遊び疲れて睡魔に襲われ、 つい前方不注意となって追突してしまったようです。

過失割合は10:0で完全に被害者でした。 

私はまだ免許を取りたてで、かなり怖い目にあって恐怖でした。 

 
 一度市内の大きな病院に行き、骨に異常はなかったのですが

安心していたところまた、首が痛くなってきたので

どこか 交通事故専門の病院はないかとジコサポに相談のお電話をしました。

NPO法人 交通事故と労災をサポートする会では むち打ち専門の医療機関と提携をしているとのことで家の近くの治療院を紹介してもらいました。


81~100/全130件 5/7ページ