ジコサポ ジコサポ ジコサポとは? ジコサポ マスコミ紹介 ジコサポ 支援者たち ジコサポ ジコサポ 交通事故について ジコサポ 労災について ジコサポ
ジコサポ
ダウンロード ダウンロード ダウンロード 流れ ダウンロード 交通事故専門士の記録 ジコサポ大使 道路清掃活動の記録 こどもハロウィン ダウンロード 求人
事務局にて無料相談受付中です。
どんな些細なことでも
お気軽にご相談ください。
本部〒432-8051
静岡県浜松市南区若林町858-6
NPO法人ジコサポ日本
メール配信中

101~120/全122件 6/7ページ


40代 女性 会社員 静岡県の方

友人達とショッピングに行く途中事故を起こしてしまいました。

自損事故で加害者でもあるので

自分の事故は保険が効かないと思っていた。

助手席や後部座席に乗っている友人達のむちうちも

保険が効かないと思っていた。

車の助手席に乗っている方の方が突然の衝撃ですので

ひどいムチウチです。

全て聞いてみようと、ネットでNPOジコサポを見て、電話してみました。

実は同乗者の方でも保険が適用可能だったのです。

交通事故の加害者になってしまった場合、

保険が効かないと思ってました。

また、助手席や後部座席にのっている人までも

治療費がでないとも思っていました。


様々な不安がありましたと思いますが、

 相談してすっきりできて良かったです。


30代 男性 会社員 長野県の方

後ろから車に追突され交通事故にあってしまいました。

事故当日は痛みもなく、

病院に行く程でもないと思っていた。

ところが数日後、原因不明の頭痛・目眩が起こった。

それから近所の整形外科と耳鼻科に行きましたが

全く治らなかった。

事故から3ヶ月が過ぎていました。

保険会社の方からも通院しても保険は効かないといわれた。

交通事故の被害者で体も治っていないのに

自腹で治療しなくてはいけないのかと悩んだ。

職場での理解が薄く、

本当に働ける状況ではないのにズル休みと言われたり、

家族に「怠けている」と誤解されたりとても心身ともに苦しかった。

とにかく交通事故のことを総合的に相談にのってもらいたかったので、

NPOジコサポさん、

いろいろ全て答えてくれて

本当にありがたかった。


40代 男性 会社員 埼玉県の方

私は以前の追突交通事故の際も

NPO法人 交通事故と労災をサポートする会に

相談をしたので、今回は無駄なく

本当にスムーズに対応が行われました。

これだけの車社会です。

人生に数回交通事故に出くわしてしまう事もあるのですね。

それは、自分では交通事故はどうにも避けられない事もあります。

素人なのでプロに任せたほうが

間違いないですね。


10代 女性 フリーター 愛知県の方 

友達の運転する車に乗っていて、信号無視の車と衝突。

首が痛いのと、めまいで辛かった。

交通事故当初は、さほど症状はひどくはなかったけど

20日程経ったころ、仕事にも行けないほど症状が辛くて、

それでも、一人暮らしで生活もかかっているので、

働かなければいけなくて困ってしまった。

症状がとにかく辛く、かなり困った。

交通事故の補償の知識がないので教えてほしいと思い

ネットで調べてNPOジコサポに相談した。

「交通事故に遭ってしまい、

思うように働くことができないのは

みんな同じ。」

そう言ってもらい、救われました。

そして、休業補償のことを詳しく教えてもらった。

「最善の補償を受けられ、

しっかり治療に専念できる状態へのサポート、

一日も早い解決に向けて治療・賠償両面で

全力でサポート致します。」


嬉しかったです。ありがとうございました。


20代 女性 サービス業 静岡県の方
浜松市内のコンビニの駐車場で

衝突交通事故にあった。

友人と一緒に並んで歩いているところに、

右方向からの車に衝突された。

よろついた程度でした。

大したことはないようで物損にするつもりだった。

ただ、軽く膝に痛みがあり、

警察に人身か物損にするかを悩んでいた。

持っていたバックに傷が付き、

賠償請求できるのかよく分からなかった。

NPOジコサポに相談したら

「まず、ケガの症状は少しでも痛みがあれば、

治療をなさることをお勧めします。


人身事故として処理して貰うべきです。

傷の付いたバックも賠償請求できますので、

ご安心ください。」

とのこと。

よく、分からないという理由で

なんとなく納得していない・不運だったという気持ちのまま、

示談する人が周りにはたくさんいる。

交通事故の被害に遭われて、それではとても切ないと思った。


50代 女性 自営業 愛知県

加害者との交渉は,相手が感情的になったり,

連絡を拒まれたり難しすぎでした。

お互い法律の素人ですから。

きちんと話し合って決めることは無理でした。

弁護士費用特約に入っていれば、300万円までは

「実質的な負担なく弁護士に依頼することができる。」

弁護士費用特約は入っていてもこんな特約とは気づかなかったし、

教えてもらって良かったです。

知識も経験もないので

交通事故のプロにいろいろ聞けて良かったです。


40代 主婦 岐阜県の方

交通事故で首の痛み、吐き気が出ました。

事故から3ヶ月経ち、

保険会社から打ち切り求めるニュアンスの電話があったのです。

状態を詳しく伝え、その時はまた連絡するという形でした。

今度連絡が来たら打ち切りといわれるのではないかと

不安でしょうがなかったし、症状がつらいので治療しないと困るし、

どうしていいかわかりませんでした。

ネットで調べていたら、NPOジコサポが出てきて、すかさず電話してみました。

「今の治療で、治療効果があるのか、医師との入念な相談が必要です。

場合によっては治療院の変更も視野に入れる必要もあります。」

私の話を親身に聞いてくださり、

対応策を教えて下さり、

道が開けました。

助かりました。

本当にありがたかったです。


30代 夫婦 静岡県の方

僕の運転で夫婦で食事に行き、帰ろうと駐車場を出ました。

赤信号で停車していた所に

後方から強い衝撃と激しい音がなったのです。

恐る恐る車を降りると案の定、追突交通事故に遭ってしまいました。

車は、バンパーが凹んでいました。

生まれて初めての交通事故で動揺してしまいました。

警察を呼び、なんとかその場の処理を終えました。

僕は頭痛、奥さんは首の痛みで二人共吐き気が少し出ました。

夫婦共働きで仕事も忙しいのでどこか浜松市内で

待ち時間の少ない治療院はないかと

NPO法人 交通事故と労災をサポートする会 浜松にご相談をしました。

ムチウチ専門の治療院と提携しているということで

すぐに紹介をして頂きました。

車社会の現代において交通事故が起こらない日はないですよね。

このくらいで済んで良かったです。


30・40代 男性 会社員 埼玉県の方 

仕事中ワンボックスの車に5人で乗車、停車中、突然後ろから追突されてしまった。

人数が人数で、仕事も忙しいし、かなりまいっていた。

被害者中の一人がNPO法人 交通事故と労災をサポートする会を知っていたので、

その方がすぐに連絡をしてくれた。

突発的なアクシデントに混乱したが、まずは落ち着いて行動することができた。

賠償も被害者1人ごとに支払限度額が定められ、

1つの事故で複数の被害者がいる場合でも、

被害者の支払限度額が減らされることはないと知り知識のない自分としては本当に救われた。

ほとんどお任せできたし。

このNPOジコサポを知っていると知らないとでは全然違うし、

自分たちで対応がしっかりできる自信もなかったのでありがたかった。


40代 女性 主婦 長野県の方

夕方雨の中、高校生の子供を迎えに行く途中でした。

最近はかなり冷え込んでいて雨ということで

交通量も多く帰宅ラッシュにまぎれての運転していました。

赤信号で停車中、突然追突をされてしまいました。

何が何だか分からず、

その時は特に体の異常は感じませんでした。

しかし、3日後に吐き気と首の痛みで、

仕事も家事も一苦労となってしまいました。

交通事故にあって間もなくは症状が出なかったり、

後から出ることも多いと聞きびっくりしました。

数日後に出たり、徐々に強まることもあるらしいですね。

痛いのにレントゲンで検査しても

「骨に異常なし」と診断されあきらめてました。

後遺症が出るこなど心配は山ほどありました。

しっかり治療したのにどこに行けばいいのかわかりませんでした。

NPO法人 交通事故と労災をサポートする会 に

電話して治療のことも

わかりやすく相談にのってくれて

本当に心から助かりました。


60歳代 男性 大阪府の方

追突交通事故にあってしまいました。

それも任意保険未加入者でした。

誰に何を聞き、誰に何を話せばいいのか

さっぱり分からず困っていました。

ネットでNPO法人交通事故サポート会を見つけ

「治療・賠償相談内容に全て万全にお応えできます。」

というところに心を打たれました。
   
手続きも全てお応え頂き、本当に助かりました。

適切な行動がとれるような機関は素晴らしいと実感しました。


20歳代 男性 学生 山口県の方

仕事柄、重い物を持ち運ぶためかなり腰に負担がかかっていたのですが

昨日仕事中突然、背中と腰に激痛が走り歩くのもままならず

もちろん重い物を持ち運ぶなんて無理で、

これは労災で治療費まかなえるのかと疑問に思いました。

本当に心身共に辛かったです。

労災についてはよく知らなかったのですが

自分のイメージが知識不足となっていて何が分からないのかすら分かりませんでした。

NPO法人 交通事故と労災をサポートする会の方たちの中に

専門の行政書士の先生もいて、わかりやすく

納得のいくまで親身に説明してもらいました。

専門の治療院も紹介してもらい、労災も使えて、とにかく心身共に楽になりました。


20歳代 男性 会社員 静岡県の方
バイクに乗車中、

お年寄りが運転する車に追突されました。

今回が人生3回目の交通事故ということで

以前の加害者や保険会社とのトラブルが頭によぎりました。

土曜日の午後、NPO法人 交通事故と労災をサポートする会 浜松に

電話をし、早急に対応してもらいました。

バイクの修理までその場で手配してもらえました。
  

「今回は交通事故専門の方に任せたい。素早い対応ありがたい。」

と心から思い本当に良かったです。


20歳代 男性 学生 富山の方

無事、示談というところまで来たのですが

書類の書き方がわからなくて困ってしまいました。

交通事故に合った人はこういう書類どうしているのだろうと疑問に思いながら、

自分も困り果てていました。

一つ間違えれば保証してもらえる金額も受けられなくなるかもしれないじゃないですか。

NPO法人交通事故と労災をサポートする会には

弁護士・行政書士の先生もおられて

親切丁寧にしっかりと保証が受けられる形となるよう手伝ってもらえました 。

弁護士・行政書士さんはなんか怖いイメージもありましたが優しくてわかりやすかったです。

感謝します。   


70歳代 女性 主婦 岐阜県の方

買い物を終え、駐車場を出ようとしたところでした。

右折して出ようとしたところ、

急ぎ気味で左折しようとしていた後方車が後ろから追突。

「こんなところで交通事故に遭うとは・・・」とびっくりしました。

駐車場のような所ほど、気が抜けやすいと気づきました。

あまりに想定外のことで交通事故直後、痛みも特になく、

病院にも行ってなかったのです。

しかし、5日後今までなかっためまいと首の痛みが始まりました。

頼れる家族は遠くに住んでいるし迷惑をかけまいと家族に言わずに一人で悩んでいました。

そんな中偶然にもお友達に交通事故に合った方がいて、

そのお友達にいろいろ教えてもらえました。

本当にラッキーでした。

NPO法人 交通事故と労災をサポートする会のことも

そのお友達が紹介をしてくれました。

みなさんで助け合えていい機関ですね。


20代 女性 会社員 香川県の方
一旦停止のところうっかり通過してしまい衝突、自分が交通事故の加害者になってしまいました。
その後家族のツテで「NPO交通事故と労災をサポートする会」を教えてもらい、アドバイスをいただきました。
交通事故の加害者になってしまいましたが、保険で治療、通院も出来ました。
その後もいろいろとアドバイスをいただき助かりました。

ありがとうございます。

30代 男性 会社員 静岡県の方

信号待ちで停車中後から追突され整形外科では「むち打ち」と診断されました。
ただ最初に行った整形外科では牽引と電気だけで首の痛みとだるさはとれませんでした。

家でも保険会社と電話で話しているところを聞かれると
「まだそんなことやっているの?」と言われたりしてもうあきらめかけていたところ紹介で「NPO交通事故と労災をサポートする会 浜松」を知りました。

最初に話を親身に聞いて下さるので、安心して相談も出来ました。
やっと話を聞いてくれるところに来られたんだなと思いました。

おぐすバランス整骨院 を紹介していただき 治療も時間をかけてやって下さり、一度押してからまた同じ場所を押すとさっきまで痛かった場所が今度は痛くないことに驚きました。

また背骨の矯正をしてもらうと施術の前には手が付かなかったのに、後にはべったり付くのにも驚きました。

本当に良かったです。ありがとうございました。


60歳代 ご両親からの相談 長野県の方
バイクでの交通事故です。
ご両親からの相談です。
息子さんがバイクで直進中に 右折車両にひかれ 両腕を骨折 そのまま総合病院に1ヶ月入院したとのことです。
その後1ヶ月間通院をし 示談交渉になり 慰謝料の提示をされたそうです。
それが少ないので 息子がかわいそうだから 何とかならないかといったご相談です。
こちらも 交通事故専門の 賠償の専門家が相談にのらせていただきました。
交通事故は身近にあります。
一人で悩まないことです・・・・・。

50歳代 男性 会社員 愛知県の方
もう数ヶ月で定年間近の時の話です。交通事故で後ろから追突されました。
そこでむち打ちとなり 治療もしていたのですが つらい日も多かったので会社を欠勤する日も多かったです。
そこで定年ですが 再雇用の話がありました。
ただ ここ最近休みが多かったせいか再雇用はしないと会社側からはっきり言われてしまいました。
この場合の損害賠償等がどうなるのかが分かりませんでした。

知人に相談したところ 「NPO交通事故と労災をサポートする会 浜松」を紹介してもらい交通事故専門の賠償関係の専門家を紹介していただき無料で相談にのってもらいました。
労務関係のことまで相談にのっていただき気持ちが楽になりました。

交通事故 40歳代 男性 自営業 埼玉県の方
当て逃げをされました。
追突されたのでそのまま相手の車も徐行して道の済みに止まったので降りて謝ってくるのかと思ったら、そのまま猛スピードで逃げていきました。
ナンバーは覚えたので警察に知らせたら 2時間後には捕まりましたが、なんと保険未加入だったのです。
保険未加入ということは どこからもお金が下りないということです。
あとは 相手から直接もらうしかないのかも知れませんが、どうしたらいいのかも分かりません。

そこでインターネットで調べたら 「NPO交通事故と労災をサポートする会」を見つけました。
すぐに 交通事故専門の賠償の専門家が相談にのってくれました。
私もあわてていたので 直接伺い1時間程無料相談にのっていただき、的確な助言をしていただき本当に楽になりました。
その時のことは今でも覚えています。

私達の知らない交通事故被害者のためのいろんな救済の制度があるんですね。 
ひとりで考えて悩まなくてよかったです。
ありがとうございました。

101~120/全122件 6/7ページ